手に届きやすい贅沢品 コーチ(COACH)歴史と売れやすいラインを知る(買取)

バックを中心に、時計やウェアなど、幅広いファッションアイテムを揃えるアメリカのブランド「コーチ」。比較的手の届きやすいぜいたく品としてブランドコンセプトを掲げ、年代や性別を超えて世界中で幅広い支持を集めています。その「コーチ」の歴史についてご紹介しましょう!

COACH(コーチ)の歴史について

「コーチ」は1941年、ニューヨーク・マンハッタンのソーホー地区にある倉庫スペースで、「ゲイル」という社名で創業したのが始まりです。立ち上げたのは、マイルズ・カーン、リリアン・カーン夫妻と6名の職人たち。紳士向けの皮革製品を下請け生産する小さな工房でしたが、卓越した技術をもつ腕利きの職人たちによる手仕事が人々の目に留まり、徐々に確立していく事になります。そんなある時、野球を観戦していたマイルズ・カーンは、野球のクラブのように丈夫でしなやかな美しいレザーが作れないかと考えました。

そうしてオリジナルのレザー素材の開発に着手し、1958年に「グラブタンレザー」が完成します。

社名も「ゲイル」から「コーチ(COACH)」に変更。どこにでもあるような小さな皮革工房が快進撃を成しえた背景には、徹底したクラフトマンシップがありました。

1962年には、映画「王様と私」などの衣装を手掛けた「ボニー・カシン」がデザイナー入社。「女性のためのバックを作る」というコンセプトを掲げ、次々と新しいデザインのバックを発表します。買い物袋から着想を得た「カシン・キャリー」や「バケット・バック」などの「ショッピングバック・コレクション」を発表すると、たちまち女性の間で大ヒット!

1973年には、グラブタンレザーを使った「ダッフルサック」が若者たちの間で流行し、斜め掛けにもできるスポーティなデザインが人気を集めました。

オープンカーの留め具からヒントを得た「ターンロック」と呼ばれる留め具や、犬の首輪と引綱を繋げるために使われていた金具「ドッグリーシュ」を女性向けバックに採用するなど、ボニーならではの斬新かつユニークな発想が、コーチの繁栄をさらに前進させることになります。

バックのみならず、女性向けアクセサリーも多数展開したボニー・カシンの活躍によって、1970年代に順調に売り上げを伸ばしたコーチは、アメリカ全土への販路拡大を計画。

1979年に新規事業開発担当副社長として入社した「ルー・フランクフォート」は、カタログの制作や直営店の出店などで知名度アップと販売経路の多角化を行うと、コーチの名は瞬く間に全米に知れ渡るようになりました。

さらに1985年には、ヘインズなどを擁する世界最大のアパレルメーカー「サラ・リーコーポレーション」の傘下となり、「コーチ」は世界をターゲットとするグローバルなトータルファッションブランドとしての地位を築き始めることになります。

また1996年にはエクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任した「リード・クラッコフ」が、コーチの最大の転換期をもたらします。

コーチの「C」のログが連続するモノグラムデザインが特徴の、ナイロンやキャンバス地を使った「シグネチャー・コレクション」を2001年に発表すると、高品質な皮革製品をメインにしていたそれまでのコーチにはないカジュアルで新鮮なデザインが、瞬く間にブームとなりました。「リード・クラッコフ」によるこのシグネチャーは、今なお「コーチ」のアイコン的存在であることは改めてお伝えするまでもありません。

創業者のカーン夫妻引退後は、「ルー・フランクフォート」が会長となり、商品デザインやブランドイメージの統一を行って、「コーチ」を世界のトップブランドへと発展させていきます。

2013年からエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任した「スチュアート・ヴィヴァース」は、これまでのブランドイメージに囚われない、革新的でモダンなアメリカン・スタイルの新たなコーチの魅力を発信。

また、ブランド名はそのままに、2017年10月には社名を「コーチ(COACH)」から「タペストリー(Tapestry)」に変更します。

先人たちが築き上げてきた偉大な功績を超えて、さらなる飛躍を遂げようとするその姿に、熱い注目が集まっています。

「コーチ」のバックひとつに使用するパーツは100を超えるといわれ、その一つ一つは職人の手作業によって作り上げられています。そうした緻密な工程を得た製品であっても驚くほど高価にはせず、多くの人が手に取って楽しめる高級品であることをコンセプトとする「コーチ」だからこそ、より身近に本物を感じられるブランドとして、今なおファンを増やし続けているのかもしれません。

日本では、1988年に初進出し、2002年5月には銀座に日本最大のフラッグ・ショップがオープン。2003年4月には心斎橋店、渋谷店、六本木ヒルズ店などが次々とオープン。その後も着々と日本での店舗展開を広げています。2005年10月の店舗数は107にのぼり、全世界の売上高の約2割を占める大市場となりました。

高く売れやすいラインは?

シグネチャーライン」です。耐久性とデザイン性に優れており、まさに『コーチの顔』とも言える人気のラインです。そのためバッグや財布など、ジャンルを問わずシグネチャーのものは他シリーズと比べると査定金額が付きやすくなっています。

「シグネチャー」

COACHの頭文字”C”のマークがいくつにも重なりあったモノグラム「シグネチャー」は、コーチの歴史を変えたといっても言い過ぎではないほど、コーチにとって特別なコレクションです。

「マディソン」

マディソンという名前自体は、ニューヨークのマディソン街からきており、マディソン街というのはファッションの最先端をいくニューヨークの中でもラグジュアリーブランドが集結する場所。ここでコーチの第1号直営店がをオープンさせているのですが、このマディソン街のイメージをコレクションにしたのがマディソンコレクションなのです。

「オプアート」


 オプアートというのは、いわゆるだまし絵のようなもので目の錯覚を利用して特殊な視覚効果を与えることを目的とした絵画作品のジャンルのことです。コーチ オプアートは、1960年代にブームを巻き起こしたこのオプアートにインスピレーションを受けて誕生したパターンのシグネチャーの文字としての「C」とはまた違った模様としての「C」になっています。

「ソーホー」

ニューヨークのマンハッタンにある地区の名前でソーホー地区というものがあり1941年にカーン夫妻によって革製品の委託生産を請け負う工房を立ち上げたのがソーホー地区。特徴は馬の蹄のようなクロージャー金具です。
“COACH”という単語には馬車という意味があり、伝統的なヘリテージロゴには馬車も描かれていますし、ソーホーラインにも使われているダブルステッチは馬具製造の技術を彷彿とさせるディテールです。

コーチの「なぜ?」

中古品はそこまで高く買い取ってもらえない理由はどうして?

アウトレット品やファクトリー品の展開もしているコーチの製品は、他のブランドに比べると手の届きやすい価格となっており、流通量もかなり多いです。中古市場でも比較的手に入りやすいお品物に分類されるため、金額が安定しているからなんですよ。

*ブランドタグに丸い印がありますが、これは何?

コーチのブランドタグの丸い印は、「アウトレット製品」や「ファクトリー品」等につく場合があります。型番の最初がFから始まるものもございます。アウトレット品やファクトリー品も、通常のコーチ同様に買取は可能です。

*型番が見当たりません。

そのような声が良く聞かれますが、コーチのバッグには内側の革タグに、財布は内部の小さなタグに必ず型番が記録されています。個人で真贋が判断できない場合でも、手放す際は「monobank」にお任せください。プロの鑑定士が査定いたします。

できるだけ高く売るには?

どんなブランドにも共通していえるのですが、①付属品を揃える。②お手入れして綺麗にする。など様々ありますが、やはり『早めに売る』のが重要です。特にコーチはヴィンテージになっても価値が上がることは少なく、『新しくて状態がいい』アイテムが高価買取になりやすいブランドです。少しでも使っていないのであれば早めに売ることをオススメします。

COACHの公式ホームページはこちらから

コーチのご売却(買取)は、各店舗へお気軽にご来店下さいませ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

monobankの買取店舗 下関 北九州

monobank下関店

monobank大丸下関店

monobank小倉店

monobank魚町店

monobankのもっといろいろ

monobankのYOUTUBEチャンネル

monobankのfacebook

monobankの出張買取

monobankの宅配買取

monobankのLINE無料査定

monobankのWEB無料査定

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。