gibson ギブソンの創業からモデル紹介、買取実例まで~これからギターを始める人、売却を考えてる人...

皆さんギターのブランドと言えばなにが思いつきます?この質問をされた人の半数以上はおそらく真っ先に「ギブソン」の名前を挙げるでしょう。(個人の見解です(;^_^A)

それほどギブソンは楽器ブランドとして世に広く知れ渡っていますよね。当然、人気・知名度のあるギブソンは買取価格もモデル問わず高くなる傾向にあります。今回はそんなアメリカを代表する楽器ブランド「ギブソン」についてご紹介していきたいと思います。

ギブソンとは?歴史編

ギブソンの創業は1894年に、オーヴィル・ヘンリー・ギブソンがアメリカミシガン州でマンドリンの制作を始めたことが始まりだと言われています。

1902年に販売会社として、the Gibson Mandolin-Guitar Mfg. Co, Ltd. (ギブソン社)が設立されました。

1918年、創業者オーヴィル・ヘンリー・ギブソン死去。

1920~1930年代、フルアコのL-5モデル、1936年には、ES-150を発売します。

1952年、ギタリストのレス・ポールと共同でソリッドギターを作成します。レスポールモデルとしてエレキギターの代表格となりました。

1950年代末にはエクスプローラーフライングVなど突飛的なデザインのモダニステックギターを発表します。

1961年、レスポールのモデルチェンジ発売。※後のSGシリーズ ここでレス・ポールとの契約解消からレスポールモデルの販売が一時ストップします。

1968年、レスポール人気が後押しし、満を持してオリジナルのレスポールモデルを再発売します。

1969年、中米パナマのECL社(Ecuadorian Company Limited、後のNorlin社)というビールやセメントなどの複合企業がギブソンを買収しました。

1960年代後半から、日本メーカー、フジゲン「富士弦楽器製造株式会社」他がギブソンの模倣品の制作を開始。

1977年、とうとうギブソンがフジゲンなど日本の模倣品メーカーを訴訟します。しかし、結果はギブソンが敗訴。フジゲンがギブソンに商標譲渡で和解したそうです。ここから、フジゲンやヤマハなどが、共同でコピー品の自粛呼びかけ広告をだしジャパンオリジナルデザイン化の道へ進むことになります。

1974年~1984年 カラマズー工場からナッシュビルに製造を順次移転していきます。そして1984年に完全にカラマズー工場を閉鎖する事となりました。

1985年、ギブソンの元社員5名がカラマズー工場の機材を買取り、あのヘリテージ(Heritage)を設立します。

ギブソン(エレキギター)代表モデル

レスポール・モデル

概要

  • レスポール・スタンダード
  • レスポール・カスタム
  • レスポール・ジュニア/スペシャル
  • レスポール・スタジオ

レスポールは「フェンダーのストラトキャスター」と並びエレキギターの代表格ともいえるモデルになります。実はレスポール、いろんなメーカーから発売されてるように感じますが、レスポールという商標を使っていいのは「ギブソン」とギブソン傘下の「エピフォンだけ」。他のメーカーからの発売品はあくまで「レスポール・タイプ」と全く別物として区別されます。

◆レスポール・スタンダード

数あるレスポールの中でも1番人気で王道と言えばこのレスポール・スタンダードではないでしょうか?その名前から分かるようにすべてのレスポールの基礎となっているモデルと言えます。元来スタンダードという名前はついてなかったこのモデル。レスポール人気からカスタムやジュニアなどの派生モデルが誕生したのちに改めてレスポール・スタンダードと命名されました。

◆レスポール・カスタム

レスポールの上位モデルとして作成されたのがこのレスポール・カスタムになります。カスタムという名の通り現在では、ギブソンカスタムショップからのみの販売となり、まさしく特別なレスポールであることが分かります。黒のレスポール・カスタムは別名「ブラック・ビューティ」とも呼ばれ、その見た目の豪華さはとくに人の目を引き付けます。

◆レスポール・ジュニア/スペシャル

レスポールジュニア、レスポールスペシャルはレスポールの廉価版として作成されました。価格を抑えて手軽に入手できるようになったレスポールですが、サウンド、軽く取り回しの良い本体などギタリストに高く評価されています。またレスポール・ジュニアとレスポール・スペシャルの両モデルの1番の特徴はなんといってもメイプルトップを使用しない点ですね。一目でレスポール・ジュニア/スペシャルだと分かるようになっています。そんなレスポール・ジュニアとレスポール・スペシャルの違いはピックアップの数になります。ジュニアの方が1つでスペシャルの方が2つ付いています。

◆レスポール・スタジオ

レスポールならではの太いサウンドや弾き心地はそのままに、バインディングなどの装飾をなくし価格を抑えたモデルが「レスポール・スタジオ」になります。スタンダードに対する廉価版として登場したジュニア/スペシャルは、構造やピックアップが異なりキャラクターの違うモデルとして定着してきたことから、レスポール・スタンダード直系のローコスト・モデルとして登場しました。

SGシリーズ

概要

1961年にギブソンが新型レスポールとして売り出したのがこのギターになります。発売当初はレスポールとして売りだされたこのモデル。しかしレス・ポール氏がこのギターをレスポールとして認めず契約解消になったため別のモデル名で販売されるようになりました。これこそ今では有名な「SG」シリーズの始まりとなります。

SGシリーズの「SG」とはソリッドギターを意味しています。ギター本体に空洞のないボディを表します。エレキギターと言えば皆さんソリッドギターをイメージするのではないでしょうか?

◆フライングⅤ 

概要

フライングVは1958年エクスプローラーと共に発表されました。先鋭的なイメージのこのギターはまさしく変形ギターのパイオニア的存在なのではないでしょうか?ソリッドボディの「どんな形でも作れる」特性をいかんなく発揮したモデルですね。
残念ながら発売当初はそのあまりにも奇抜なデザインが理由か売り上げが伸びずわずかに98本を生産するのみで廃盤になってしまいます。そこから約10年後の1967年に再販され、現代では唯一無二のそのデザインに魅了されるギタリストが多いギターですね。

◆エクスプローラー

概要

フライングVと共にギブソン変形ギターの代表格であるエクスプローラー。1958年、エクスプローラーはフライングVと共に早すぎたデビューを果たします。フライングV同様先鋭的すぎるデザインのためか売り上げは伸びず、販売台数は100本未満。大失敗という形になってしまいました。
1967年にフライングVが再生産された時にもエクスプローラーには光が当てられませんでしたが、1970年代に入りヘイマーなどのコピーモデルがハードロック/ヘヴィメタルのアーティストに受け入れられていく状況に応ずる形で、1975年に再生産が開始されます。

◆ES-335

概要

ES-335は世界初のエレアコ1958年、エクスプローラーやフライングVと同じ年に発表されました。このことからも当時のギブソンの経営戦略が読めてきますね。

独特なボディ構造から得られる甘くてコシのあるサウンドはリードでもサイドでも使い勝手がよく、ブルース、ジャズ、ロック、ファンク等あらゆるジャンルのプレイヤーに愛用されています。どんなジャンルでも使用できるまさしく万能ギターと言えるでしょう。

また、ビンテージにもなると数百万円での取引例もあり、根強いファンが多い印象です。

ギブソン(アコースティックギター)代表モデル

◆J-45

概要

ギブソンJ-45と言えばマーティンD-28と並びアコースティックギターを代表する超人気モデルですね。1942年マーティンのDモデルに対抗して作られたこのモデル、発売以来数多くの人気アーティストにも支持されてきました。モデルは同じながらも細かいスペックを変更しながら生産が続けられ、今年で何と誕生してからなんと79年になります。ヴィンテージとしても人気があり1960年ごろのものは特に需要が高いイメージです。

なぜ“45”という名称かご存知ですか?なんとリリース時の販売価格が45ドルだったからだそうです。当時の100ドルが40万円ほどだったことを考えると日本円で180,000円前後ですね。

◆ハミングバード

概要

ギブソン社として初のスクエア型として発売されたのがこのハミングバードになります。1960年に発売開始されたこのモデルは、1950年代から流行した弾き語りスタイルに合う「歌の伴奏のためのギター」として開発されました。

ハミングバードの最大の特徴と言えばやはりその名前の由来にもなっている、ピックガードに描かれた鮮やかなハチドリ模様ではないでしょうか?

また、ハミングバードの上位モデルとしてダブ(DOVE)も発売されています。こちらはピックガードにその名の通り、鳩(ダブ)がえがかれています。

monobank買取実例

フライングV

こちら、ギブソンのフライングVですね。付属品には保証書がなくハードケースだけとなっておりました。またピックガードのネジが数本取れていました。

買取参考金額:35,000円前後

レスポール・カスタム

こちらはレスポール・カスタムの35thアニバーサリーモデルになります。こちらの商品も保証書がなくハードケースと本体のみとなておりました。ところどころに一般使用に伴うスレ傷がございましたが、クラックなどもなく大事にされてきたんだなと思える商品でした。

買取参考金額:250,000円前後

J-45

こちらはギブソン1960`sJ-45ワインレッドカラーになります。付属品は保証書とハードケースが付いておりました。状態も使用感がそんなに出ておらずかなりの美品だと思われました。

買取参考金額:120,000円前後

最後に

monobankでは楽器の特徴、ブランドの歴史、二次流通相場に通じた適正価格での査定をさせていただきます。愛着をもって使用していた楽器を手放すときがくれば真摯に相談にのり真摯に査定をしていきます。手放すことをお考えのさいは是非monobankをご利用くださいませ。

親切な鑑定士が査定させていただきます。

ギブソンのご売却(買取)は、各店舗へお気軽にご来店下さいませ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

monobankの買取店舗 下関 北九州

monobank下関店

monobank大丸下関店

monobank小倉店

monobank魚町店

monobankのもっといろいろ

monobankのYOUTUBEチャンネル

monobankのfacebook

monobankの出張買取

monobankの宅配買取

monobankのLINE無料査定

monobankのWEB無料査定

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。