掛軸・骨董品の買取をしています。monobank下関店

掛軸処理済1.jpg
monobank下関では掛軸の買取をしています

monobankでは骨董品の買取を行っております。
本日は骨董品のうち、掛軸についてご説明します。

礼拝対象としての掛軸

掛軸は日本文化に根付いた美術品ですが、起源は中国にあります。元来掛軸は、掛けて拝をする為の礼拝用として用いられていました。携行が便利で、生産がしやすいこともあり仏画としての掛軸が普及しました。

401217796.2

日本伝来

礼拝から美術品への変遷
日本には飛鳥時代に仏教伝来とともに伝わったと言われており、当時は礼拝の対象として扱われていました。鎌倉時代になると、禅宗に影響を受けた水墨画の流行とともに日本国内で普及していきました。鎌倉後期には、表装を整えるなどして、礼拝用としてだけではなく美術品としての掛軸として発展し始めました。室町時代には、当時中国で流行していた山水画を輸入しますが、日本国内の需要に追い付かず、幕府中心で日本独自の山水画作製が行われるようになり、日本独自の山水画が形成されていきました。千利休が茶の湯の床の間での掛軸の重要性を説いた安土桃山時代においては、時の権力者・織田信長や豊臣秀吉の影響もあり、茶道の世界で掛軸が大流行しました。江戸期になると庶民でも気軽に楽しめるものとして普及していくことになります。また、職業画家ではない文化人や知識人による作品=文人画が流行しました。

1DCD6D58-0169-4699-85B2-8CB5C67ACDED

近現代における掛軸の需要
明治・大正・昭和年間では日本画の隆盛とともに掛軸も重要性を増していき、一般家庭の床の間には、掛軸が飾られることが普通の光景となりました。昭和後期・平成という時代になると、住宅の洋室化が進み掛軸を飾る和室自体が減少し、掛軸の需要も減少傾向になりました。実需は減少しましたが、美術的・歴史的な価値から掛軸を収集している方により掛軸の価値は保たれています。

掛軸処理済1.jpg

掛軸を売る時のポイント

・保存状態
→美品である程、値打ちはありますが、紙製の掛軸は経年劣化を避ける事が出来ません。破れていたり、シミがあっても鑑定は可能です。

・作者名の記載はあるか
→著名な作者の作品であれば、必ずといっていいほど名前が書かれています。

・落款の有無
→作者名と同様に、著名な作者であれば落款があります。

・作者の年代、国
→骨董品という観点からすると、年代が古いものほど価値が高まります。年代が浅い、昭和・大正期のものであっても、有名や作家歴史的な著名人のものは高価で取引されます。また、中国人作家による掛軸も人気が高く、高価買取になりやすい商品です。

・掛軸以外の書物
→掛軸以外の書物、手紙なども買取可能です。

書処理済

出張買取サービス

大量の掛軸を、当店まで持ち運ぶのが困難なお客様もいらっしゃると思います。当店では、無料で出張買取を行なっております。買取が不成立になっても、出張料・鑑定料は頂きません。買取・鑑定のご相談を、心よりお待ちしております。

monobank

モノを売ったことがない方はモノの価値を知るきっかけにmonobankへご相談ください。
査定金額を聞く、査定相談だけでもお気軽にどうぞ。
無料で見積もり書の発行も致しております。
プロの鑑定士ならではの説明相談をお受けしております。
monobankではお客様が満足いく説明、査定額に自信を持っております。

ものばんくの買取リサイクルは各分野、各お品物に対して最大限の評価、金額の提示を行っております。

お店選びのポイントは専門性高い鑑定士/査定士が査定することです。
査定経験、商品知識によって査定金額に差が出る場合があります。

monobankでは独自の販売ルートがあるためお客様へより高い査定金額を提示する努力をしております。
独自の販売ルートとは自社運営BtoBオークション/香港支社販売/国内卸/ネット販売と店頭だけの販売ではなく売り先を複数もつことでお客様へ最大限の価値をお伝えいたします。

monobank全店舗ではお客様が満足(喜んで)して取引を終えるよう全店に専門バイヤーを常駐しておりますのでいつでも安心してご来店くださいませ。
詳細説明もいたしておりますのでお気軽にどうぞ。

monobank下関店

obachanCUT2[1]

テレビCMや映画館、バスで見かけた方は知っていると思います。
1人でも多くの方へ本物の価値をお届けします。

ものばんく(monobank)下関店までのアクセス方法


1.JR下関駅から車で向かってみましょう


2.国道9号線を唐戸市場交差点までまっすぐに進みます。


まっすぐ進むと右手には水族館の海響館、商業施設のカモンワーフ、左手には亀山八幡宮が見えます。


右手に見える唐戸市場へ入る交差点を唐戸市場とは逆に左折します。


左折すると右側にmonobankのビルが見えますが、そこを通り過ぎさらにまっすぐ進みます。


通り過ぎた直後のT字路を神社の方向へ右折するとものばんく(monobank)下関店です。


通常の鑑定は向かって左のビルの1Fにて行っております。


なお個室のご予約の方は、monobankビル1Fのよろずカフェ個室で鑑定させていただきます。

大道路沿いにはなく少し入ったところmonobank下関店はございます。
長府方面からお越しの場合は唐戸市場の交差点を右折し50m直進後に右手にmonobank下関店が見えてきます。

monobank下関店
〒750-0004
〒750-0004山口県下関市中之町11-7 ←グーグルマップ情報ページ
TEL:0120-27-1178
TEL:083-234-1234
営業時間AM8:00~PM9:00 ※定 休 日日曜日・祝日
※駐車スペースはお店の前に2台 専用駐車場1台 よろずカフェ側に4台
※カフェ買取サロンでの査定も可能

場所は唐戸市場から徒歩3分
下関駅から車で8分程度

shop01[1]

monobank 質預り

例えば・・・

断捨離してた時に出てきたおじいちゃん、おばあちゃんのお品であったり、使っていないバッグやジュエリーなどであったり、捨てるには惜しいモノがあれば一度monobankへご相談下さい。
隣にあるよろずカフェでもご相談をお受けできます。
予約受付もいたしておりますのでお気軽にどうぞ。

img01

突発的な資金調達や、突然現金が必要になる時に、自分の持ち物で売らずに現金化できます。

お客様の大切なお品をプロのバイヤーが丁寧に査定し、その場でご融資できる金額をスピーディにご提示します。
プロのバイヤーが査定をしますので、安心の高価査定を可能にしています♪