買取実践 私たちはここを見てます!【Vol.カメラ編】monobank鑑定士

スマートフォンの進化によるカメラ業界の今後予想

いきなりですが、最近のスマートフォンのカメラの性能はすごいですね!日進月歩で進化していくスマホのカメラΣ(・ω・ノ)ノ!

 スマホさえあればカメラが無くてもキレイな写真が撮れて。また撮った写真をその場ですぐに加工できたり、みんなで共有できたりともうその利便性はカメラの範囲を超えています。このままいくとカメラ業界の今後ははどうなっていくのだろう?と考える今日このごろ…という感じですね(-_-;)

 そんな中カメラの需要・買取価格はどうなっているの?と思われる方もいるかもしれません。実際にコロナ過(COVID-19)の影響もあり新作発表の場が中止になったり、出荷台数減少がありカメラ業界全体がダメージを受けているのは事実です。しかし、中古市場に目を向けてみると意外とそうでもないのかな?と思われる点がいくつかあります。

 理由として一つ目にフィルムカメラの価格の高騰です。デジタルカメラが出て以降、一部人気機種を除きほとんどが買取の際に値段をお付けできなかったフィルムカメラですが昨今の人気上昇に伴い買取価格も一気に上がりました。女子高生がフィルムカメラを使う時代ですからね。なんでもフィルムカメラで撮ること自体が映えるんだそうです!

 二つ目にミラーレスカメラの台頭です。ニコンやキヤノンが一眼レフの開発・販売に力を入れる中、ソニーはずっとミラーレスの開発に力を入れてきました。そしてとうとう時代が追いつき今やソニーといえばミラーレスのパイオニアになりました。中古市場でもミラーレスの人気は右肩上がりですのでこちらも目が離せないポジティブなジャンルです。

 以上の理由で中古市場においてカメラは今後しばらくは安定していくと思いますので、もし家に眠っているカメラがありましたら、一度査定してみるのを強くお勧めします。

買取の査定ポイント!

 と、ここまで少し話が逸れてしまいましたが(-_-;) 今回の本題の査定ポイントについてお話していきたいと思います。

まず、カメラ・レンズ共に言えるのが外観の程度です。当然キレイな物の方が評価は高くなりますし、逆に傷だらけだと評価は下がってしまいます。また、カメラにおいては実際に作動して不備がないか、シャッター回数、付属の有無も重要なポイントになってきます。レンズにおきましては移りに関する欠陥があるか、代表なものでいうとカビ・曇り・バルサム切れですね。カビ・曇りはひどいものになるとジャンク品という扱いになってしまいます。バルサム切れは発生した段階でジャンク品ですね(´;ω;`)

レンズカビ(ジャンク品)

これらの欠点は主に湿度と温度によって発生しますので保管方法として防湿庫にて保管する。あるいは風通しの良い比較的に乾燥したところに置いておくのが最適だと思われます。保管方法のちょっとした違いで査定金額がガラッと変わってしまいますので、本当に使う機会がないようでしたら価値が下がってしまう前に売却するのも有りですね。

 もし、カメラの売却をご検討でしたら、当店精一杯査定させていただきますので是非ともご利用のほどよろしくお願いいたします。

https://www.facebook.com/monobank

monobank各店舗

★monobank 小倉店

093-583-1177

福岡県北九州市小倉北区原町2丁目5-6さくら館1F

★monobank 魚町店

093-541-1178

福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-15

★monobank 下関店

山口県下関市中之町11-7

083-234-1234

★monobank 下関大丸店

083-242-1878

山口県下関市竹崎町4丁目4-10 (下関大丸内)7F

monobankの宅配買取

monobankの出張買取


不明点やご質問などは、こちらからご記入ください。

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。