買取実績 200,000

カンパニョーロのBORA ULTRA 50がセットされたCAAD12 2017年モデル

CANNNODALE CAAD12 WITH CAMPAGNOLO BORA ULTRA 50

キャノンデール CAAD12の2017年モデル

2017年のキャノンデールと言えば、資金難でキャノンデール・ドラパック・プロサイクリング・チームを解散しかけるも、EF EDUCATIONSがスポンサーに名乗りを上げて、EFエデュケーションファースト・ドラパック・p/bキャノンデールとして復活した年です。

(p/bは powerde byと読む。)

キャノンデールファンにとっては穏やかではない年だったでしょう。そんな2017年のモデルです。

今回、買取した車体はグレーに赤の差し色のBQRというカラーです。

カンパニョーロのボーラウルトラ50の色と良い感じにマッチして、戦闘力の高そうな組み合わせになってます。

ロードバイクバイヤーからの一言メモ

■査定ポイント
・評価額の50%以上は、BORA ULTRA 50です
・人気のキャノンデール。特に2022年は新型シナプスが話題なので、ブランドとしても注目されそう。
・カラーコーディネートが素晴らしい。機能性も重要ですが、見た目も大事!

バイクの基本的な構成はコチラ

メーカー:CANNONDALE

フレーム:CAAD12

発売年:2017年

シフタ―:SHIMANO 105

リアディレーラー:SHIMANO ULTEGLA R6800

ホイール:CAMPAGNONO BORA ULTRA50

タイヤ:CONTINENTA GRAND PRIX 4000GP

ホイールの圧倒的存在感

CANNNODALE CAAD12

なんと言っても、目が行ってしまうのはカンパのボーラウルトラ50でしょう。

日本国内で買おうと思うと40万円近くはするので、簡単には手が出ない代物です。

そんな憧れのホイールを手にした感想は、軽い!エントリーモデルに装着されているシマノWH-RS100が前後セットで2.3Kgに対して、ボーラウルトラ50は1.4kg。1Kg近く軽いです。走りが変わるのも納得です。

2017年にマイナーチェンジされて、現行品はAC3(All Conditions Carbon Control)機能が実装されています。リム面に細かい溝が設けられて、ブレーキパッドとリムの間から汚れを逃がして制動力がアップするという仕組みです。AC3マークがある個体の方がヤフオクでも高値で取引されていますね。

ちなみに記事の個体は非AC3です。AC3であれば、リムにAC3と表記されております。

タイヤは王道のパンクしにくいタイヤのコンチネンタル4000GPを履いており、隙のない足周りです。

買取後に試運転してみましたが、本当に軽い乗り心地に感動しました。

AC3なら即買いなんですが。。迷います。とか言ってうちに倉庫に収納されてしまったので、簡単に実物を拝める機会がなくなりました。欲しいと思ったものは、すぐに買わないと手に入りません。

リアだけアルテグラ

SHIMANO ULTEGRA 6800

リアディレイラーはシマノのアルテグラ(R6800)です。

21年に8100番・17年に8000番が出ているので、2世代前のアルテグラです。

ロードバイクを売る時はカスタムパーツの有無をしっかりアピールする事をおススメします。

パーツによってはウン万円の差がつきますからね!

サドル

SELLA SAN MARCO

サドルはSella San Marco(セラサンマルコ)社です。

一見、初期装備かと思うくらい色合いがマッチしていますが、カタログ上は「Selle Royal Seta S1」が初期装備です。

sella=サドル。←イタリア語です。

各部をアップでチェック

CANNNODALE CAAD12

個人的にフロントフォークのCAAD12マークが好きです。

CANNNODALE CAAD12

ダウンチューブ裏は汚れている事が多いです。汚れをそのままにしていると劣化の原因になりますし、なによりカッコ良くないので、しっかり洗浄する事をおススメします。

CANNNODALE CAAD12

ちょっと残念なポイントとしてはダウンチューブ左側の塗装が削れてしまっている所です。

とは言え、ロードバイクに乗っていた証でもありますので仕方ないです。立ちごけしたり、風で倒れたりする事もあるんです。

CANNNODALE CAAD12

ダメージが出やすい所でいえば、圧倒的にシフターです。

どうしてもライドの休憩中にコンビニの外壁とかに立てかけてしまいますよね。

逆にシフターが綺麗な車体は査定的には高評価をしてしまいます。

最後にもう一度、ロードバイクバイヤーからの一言メモ

■査定ポイント
・評価額の50%以上は、BORA ULTRA 50です
・人気のキャノンデール。特に2022年は新型シナプスが話題なので、ブランドとしても注目されそう。
・カラーコーディネートが素晴らしい。機能性も重要ですが、見た目も大事!

暖かくなってサイクリングが楽しい時期になってきました。

2022年もロードバイクライフを楽しんでいきましょう!

山口、福岡でロードバイクを売るならmonobankにご連絡下さい。

ロードバイク好きなスタッフが愛車を高く買取しますよ!

LINE査定を利用して頂くと、自宅でも手軽にロードバイクがオンラインで査定が出来ます。

店舗紹介 ご来店いただいてのご相談も可能です。

下関店

monobank下関店

  • 山口県下関市中之町11-7
  • 営業時間AM9:00~PM8:00
  • 定 休 日日曜日・祝日
大丸下関店

monobank大丸下関店

  • 山口県下関市竹崎町4丁目4-10 7F
  • 営業時間AM10:00~PM6:00
  • 定 休 日年中無休
小倉

monobank小倉店

  • 福岡県北九州市小倉北区原町2丁目5-6さくら館1F
  • 営業時間AM9:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜日・祝日
魚町店

monobank魚町店

  • 福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-15
  • 営業時間AM10:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜・祝日
中津店/㍿質やまもと

monobank中津店/㍿質やまもと

  • 大分県中津市蛭子町1丁目29
  • 営業時間AM9:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜日・祝日

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。

預けたい

あなたのモノを預けると今使うお金と交換できる。 最短5分のスピード対応!審査なし・催促無し