• 下関 0120-74-1178
  • 大丸下関 0120-78-1178
  • 小倉 0120-69-1178
  • 魚町 0120-27-1178

monobank(ものばんく)

査定相談・ご予約
Avatar photo

monobank小倉店で旧札の甲号兌換銀行券10円 通称"裏猪10円" を買取しました。
この度は鑑定士の吉村知宏が査定を行いました。買取したお品物の状態と解説させて頂きます。

買取金額25,000
状態B+
買取日2023/01/16
ブランド旧札

商品状態について

折れ、シミなどが見受けられます。
この度は旧札の状態分類でいうと、"劣品"です。

状態がよければ、査定額はかなり上がります。
未使用品などであれば30万以上は期待できるコレクターの中でも人気の高いお札です。

甲号兌換銀行券10円(裏猪10円)とは

1897年(明治30年)10月の貨幣法施行および兌換銀行券条例の改正による銀本位制から金本位制への移行に伴い、金兌換券として発行された紙幣。

金兌換券とは、いつでも金と交換できる紙幣という意味でつけられています。このしくみを『金本位制』といいます。

肖像は和気清麻呂(わけのきよまろ)で肖像の傍らには和気清麻呂を祀った京都の護王神社が描かれています。
裏にはイノシシが描かれています。
その為通称”裏猪10円”と呼ばれています。

ストーリー

和気清麻呂は、奈良時代の官人で、天皇の位を狙っていた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)の野望を阻止したが、そのせいで暗殺されそうになりました。そのとき、突如現れたイノシシの大群に命を救われたといわれています。
そのストーリがあるので、裏面中央にはイノシシが大きく描かれています。
当時の人々にも『いのしし札』と呼ばれ親しまれていた紙幣です。

 

この記事を書いた鑑定士
Avatar photo
monobank小倉店
吉村知宏
鑑定士歴:15年
専門ジャンル:時計・宝石
プロ鑑定士とはあらゆる知識が必要であると考えているので、得た知識が血となり肉となるように体にしみ込ませるぐらいまで昇華し、お客様の満足を引き出せるよう努力を重ねていくよう心得ています。

骨董・美術の買取実績

マイセンホワイトローズ花瓶
買取実績価格
35,000
状態
A
買取日
2023年01月10日
旧札甲号兌換銀行券10円 通称"裏猪10円"
買取実績価格
25,000
状態
B+
買取日
2023年01月16日
明治8年 貿易銀(レプリカ)鑑定判断を説明
買取実績価格
1,000
買取日
2022年02月06日
陶器 キリンビア・マグ・コレクション 景徳鎮
買取実績価格
100,000
買取日
2021年10月02日
買取価格は為替相場やお品物の状態などにより変動します。

相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK! ライフスタイルに合わせた6つの買取サービス

カンタン入力約60秒!

WEB査定

チャットで手軽に簡易査定額がわかる

LINE査定

その場で即買取!査定のプロが直接査定

店舗一覧/来店予約

往復送料無料!手数料なし!

宅配買取

キャンセル料・出張費無料!

出張買取

モノを預けて即現金化!審査・催促なし

質預かり

ビデオ通話での買取も行っております。詳しくは こちら

monobankの最寄りの店舗を探す

来店予約は各店舗からお問合せください

monobank下関店
山口県下関市中之町11-7
monobank大丸下関店
山口県下関市竹崎町4丁目4-10 7F
monobank小倉店
福岡県北九州市小倉北区原町2丁目5-6さくら館1F
monobank魚町店
福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-15