• 下関 0120-74-1178
  • 大丸下関 0120-78-1178
  • 小倉 0120-69-1178
  • 魚町 0120-27-1178

monobank(ものばんく)

パテックフィリップ カラトラバ一覧 型番と特徴

カラトラバとは

パテックフィリップを象徴するモデルとして世界中に知られており、その洗練されたデザインはラウンド型腕時計の模範となっています。
パテックフィリップと言えば『カラトラバ』と言われることも多いモデルです。

パテックフィリップ カラトラバ一覧

Ref.96

伝説の初代カラトラバで『クンロク』の愛称で呼ばれています。クンロク系譜のスタートでありこのデザインを受け継いだモデルの型番には『96』がついています。
特徴はスモールセコンド、フラットなポリッシュベゼルです。

  • ケース直径 : 32mm
  • キャリバー : Cal.12 Cal.12-120 Cal.12-400など (手巻き)
  • 発売 : 1932年

Ref.570

“Ref.96″に比べ大型なケースが採用されたカラトラバで”ビッグカラトラバ”と呼ばれています。当時では大型な35mmケースです。

  • ケース直径 : 35mm
  • キャリバー : Cal.27SC (手巻き)
  • 発売 : 1938年

Ref.2526

カラトラバ初の自動巻きモデルです。焼成エナメルダイヤルを使用していることから、トロピカルと俗称されています。
※2526の全モデルがエナメルダイヤルというわけではない。

  • ケース直径 : 36mm
  • キャリバー : Cal.12-600 (自動巻き)
  • 発売 : 1953年

Ref.3445

デザインを刷新したモデル。直線なラグ、細身のインデックスと細い針で新たな系譜の登場となったモデルです。

  • ケース直径 : 35mm
  • キャリバー : Cal.27-460M (自動巻き)
  • 発売 : 1960年頃

Ref.3520

上記の3445にも見られた直線なラグでベゼルがクル・ド・パリのデザインを始めて採用したモデルです。後にこのデザインを受け継いだモデルが誕生していきます。

  • ケース直径 : 32.5mm
  • キャリバー : Cal.177/2 (手巻き)
  • 発売 : 1960年頃

この記事を書いた鑑定士
Avatar photo
monobank小倉店
吉村知宏
鑑定士歴:15年
専門ジャンル:時計・宝石
プロ鑑定士とはあらゆる知識が必要であると考えているので、得た知識が血となり肉となるように体にしみ込ませるぐらいまで昇華し、お客様の満足を引き出せるよう努力を重ねていくよう心得ています。

monobank店舗情報

monobank下関店
山口県下関市中之町11-7
monobank大丸下関店
山口県下関市竹崎町4丁目4-10 7F
monobank小倉店
福岡県北九州市小倉北区原町2丁目5-6さくら館1F
monobank魚町店
福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-15

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。

預けたい

あなたのモノを預けると今使うお金と交換できる。 最短5分のスピード対応!審査なし・催促無し