買取実績 70,000

TREK 2016モデル Emonda ALR 6 完成車

TREK
TREK Emonda ALR 6

バイクの基本的な構成はコチラ

メーカー:トレック

フレーム:エモンダ ALR 6

発売年:2016年

シフトブレーキバー:SHIMANO ULTEGRA ST-6800

フロントディレイラー:SHIMANO ULTEGRA FD-6800 

リアディレーラー:SHIMANO ULTEGRA RD-6800

クランク:SHIMANO ULTEGRA FC-6800

ブレーキ: SHIMANO ULTEGRA BR-6800

ホイール:BONTRAGER RACE

ULTEGRA 6800

コンポーネントはシマノアルテグラで完全統一

ULTEGRA ST-6800
SHIMANO ULTEGRA ST-6800
ULTEGRA RD-6800
SHIMANO ULTEGRA RD-6800
ULTEGRA FD-6800 & ULTEGRA FC-6800
SHIMANO ULTEGRA FD-6800 & SHIMANO ULTEGRA FC-6800

今回買取させて頂いた エモンダALR 6はアルミエントリーのシリーズで唯一のULTEGRA 6800

21年に8100番・17年に8000番が出ているので、2世代前のアルテグラです。

部分アップの写真は多少の使用感がありますが状態はとても良く

鈍く光るマットグレーのフレームに同トーンのアルテグラパーツが高級感を漂わせます。

2016モデルで衝撃のアルミエントリー車

エモンダシリーズのアルミフレームですが、ぱっと見ただけではアルミとわからないくらい継ぎ目の溶接処理がすごいです。

 特にリアエンドの処理は、もはやアルミとわからないほどです。

このエモンダALRフレームの溶接は新技術インビジブル・ウェルド・テクノロジー採用で大変美しく仕上がっています。

ハイドロフォーミング&インビジブルウェルドとは?

2016当時のトレックのアルミ加工技術について簡単にご紹介します

ハイドロフォーミングという特殊な加工技術を採用しているようで

円筒状のフレームチューブに液体を注入し、水圧を用いて形状を成型する製法です。

溶接工程を二度に分けて施すことで見た目だけでなく設計通りの最適な応力分布を実現し走行性能を向上させているのです。

フレームのアルミ素材は新開発された軽量高剛性『Alpha300アルミニウム』を採用

各サイズ専用設計でハイドロフォーミングにより形成された、トレック最上級かつ最軽量のアルミフレームとなっています。

見た目って大事ですよね、自分のロードバイクの純正ステムの溶接部分が気になって、交換したのを思い出しました

話が逸れてしまいまいした笑

メーカー完成車ってブレーキやクランク等を別ブランドを採用してコスト調整を図りがちですが

エモンダALRはしっかり統一しトータルバランスと信頼性でも群を抜きますね

店舗紹介 ご来店いただいてのご相談も可能です。

下関店

monobank下関店

  • 山口県下関市中之町11-7
  • 営業時間AM9:00~PM8:00
  • 定 休 日日曜日・祝日
大丸下関店

monobank大丸下関店

  • 山口県下関市竹崎町4丁目4-10 7F
  • 営業時間AM10:00~PM6:00
  • 定 休 日年中無休
小倉

monobank小倉店

  • 福岡県北九州市小倉北区原町2丁目5-6さくら館1F
  • 営業時間AM9:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜日・祝日
魚町店

monobank魚町店

  • 福岡県北九州市小倉北区魚町2丁目1-15
  • 営業時間AM10:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜・祝日
中津店/㍿質やまもと

monobank中津店/㍿質やまもと

  • 大分県中津市蛭子町1丁目29
  • 営業時間AM9:00~PM7:00
  • 定 休 日日曜日・祝日

売りたい

売却時のお悩みは査定のプロにお任せください!相場を知りたい・金額だけ知りたいでもOK。

預けたい

あなたのモノを預けると今使うお金と交換できる。 最短5分のスピード対応!審査なし・催促無し